ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ウサギターペインティング・SHOW

藤井華丸とギターサウンドとアクションペインティングを融合させたウサギターペインティング・SHOW をやった。

c0227168_11151598.jpg
華丸の筆と自分のギターだけでどこまでやれるかという、人力だけのSHOW 。
初めての試みで反省点もあるがまずまずの成功、一緒に盛り上がってくれたみんなに感謝!

出来上がった絵だけみてもなんのこっちゃだと思うので動画を近々アップします、ぜひチェックしてみて下さい。

もっともっとブラッシュアップしてシリーズ化していく予定。
[PR]

スタッフ・ベンダ・ビリリ

「ベンダ・ビリリ!~もうひとつのキンサシャの奇跡」を見に行った。

c0227168_22405562.jpg
スタッフ・ベンダ・ビリリはコンゴ民主共和国の路上で暮らす下半身不随の車椅子ミュージシャン達とストリート・チルドレンで編成されるバンド、そのドキュメンタリー映画。

ベンダ・ビリリとはリンガラ語で「外側を剥ぎ取れ=内面を見よ」という意味。

歌うか歌わないか、踊るか踊らないか、やるかやらないか、・・・何を表現したいかはっきりしているのが大事。

底抜けに明るい映画だった!!


「スタッフ・ベンダ・ビリリ・HP」
[PR]

大祭

年に一度の地元の神社の大祭があった。

c0227168_11183590.jpg
子供神輿担当だった。

最初は人見知りをしている子供も慣れてくると・・・
飛びついてきたり、キックしてきたり、変顔してきたり、かんちょうしてきたり。

それはそれで楽しかった、これもマジチェン。
が、かなり筋肉痛にも。

昨日の子供がまた来年も神輿を担ぎに来てくれるといいな。
[PR]

ヒートウェイブ

渋谷DUOでヒートウェイブのライブを見た。

c0227168_10263649.jpg
音楽があって、聴いて、感じて、包まれて・・・最高にいい空気があった。

山ちゃん、約束どおり歩かないで走ります。

「HEATWAVE HP」
[PR]

Smile & Destroy

アルバム「Smile & Destroy」が発売になりました。

c0227168_8282956.jpg
いろんな人に助けてもらって、今あるだけの自分のSmile & Destroyな空気を全部つめこんだ音です。

まだまだ続くマジカル・チェインの旅、とにかく前へ。

みんなに感謝!!
[PR]

RUN

ナイキのエンプロイストアに行った。

偶然居合わせたランニングアドバイザーのMIDORIさんに手伝ってもらって一式入手、これもマジチェン。

c0227168_1044554.jpg
走るぞ!
[PR]

道玄坂

渋谷道玄坂で神輿を担いだ。

c0227168_937498.jpg
去年に続いて2回目。

普段は仕事か買い物かライブでしか行くことのない渋谷のド真ん中で担ぐなんてなんか楽しい。

久しぶりの神輿っていうのもあって盛り上がった!!

これからしばらく神輿が続く。
[PR]

Rolling Relaxation

Rolling Relaxationというacoustic LIVEに出演、肩の力がいい感じで抜けたアットホームな空気のイベントだった。

c0227168_22485789.jpg
浅田信一&古市コータロー君、うつみようこちゃん&高橋浩司はもちろん良かったが、初対面だったがASPARAGUSの渡邊忍君の酔っ払い弾き語り?!が楽しかった。

忍君がFBYの田上と仲がいいっていうちょっとしたマジチェンもあって打ち上げも大盛り上がり!!
c0227168_15264962.jpg
石川さんと新代田FEVERの気持ちのいいスタッフに感謝。
[PR]

海さくらミュージック・フェスティバル2010

海さくらミュージック・フェスティバル2010に出演した。

海さくらは湘南の海にタツノオトシゴを取り戻そうと活動しているチームで、去年に続いて2回目。

江ノ島展望灯台サンセットテラスで湘南の海に囲まれての演奏、途中で後ろに夕陽に浮かぶ富士山のシルエットが見えたり、雲に虹がかかったり、トンビの鳴き声が聞こえたり、時刻チャイムが急に鳴り出したり・・・

代表の古澤君、リクオ君、山下徹大君はじめ出演したミュージシャンだけじゃなく関わっているスタッフみんなのマインドが本当に気持ちいい、規模は大きくないが手作りであたたかい本当にすごくいい空気が流れていた。
みんなに、感謝。

c0227168_12502531.jpg
最後に歌った桑名晴子さん、素敵過ぎでした!!


「海さくらHP」
[PR]

文楽

国立劇場に文楽を見に行った。

ある人に豊竹咲甫太夫さんを紹介してもらって、豊竹咲甫太夫さんと真心ブラザースの桜井君がつながっていて、偶然桜井君と久しぶりに会った時にその話で盛り上がって、という流れのマジチェンから。

文楽といえばイメージで高尚なもの・・・というのがなんかあったが、実際見てみるとこれが真反対。

勢州阿漕浦と桂川連理柵の二つを見たが、人間臭くて、笑えて、泣けて・・・いい意味でカジュアルで下世話で楽しかった。

c0227168_711491.jpg
終わってから舞台裏を案内してもらえて感激!!

「豊竹咲甫HP」
[PR]