ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

hanna's Monday Blues vol.10

7月以来のhanna's Monday Blues、久しぶりの青山CAyへ。

c0227168_1036377.jpg
1st Anniversaryの今回は今年生誕100年のRobert Johnsonの曲をテーマにセッション。

いったい何才?って思う程の渋いブルースをプレイをする23才コンビのhanna君とchihanaちゃん。
MCC下北沢440にもゲスト出演してもらった千賀太郎君21才。

今回初めて一緒に演らせてもらった清水仁さん(ex オフコース)61才。
大阪生まれで冗談を言ってはニコニコしているが、ベースを弾きだすとさすがどっしりとしたプレイで素晴らしかった。

ドラムも今回初めての白根佳尚君27才、アグレッシブな16ビートが気持ち良かった。
話しているうちに共通の知り合いがたくさんいることが判明、また一緒に演れる機会があればいいな。
c0227168_10514013.jpg
年齢や性別や国籍を飛び越えられるのが音楽、まさにそんな夜になった。

hanna君主導の斬新なアレンジのカバーセッション、Robert Johnsonさんも喜んでくれたはず。

「hanna」
[PR]

柿が届いた。

c0227168_1451887.jpg
11月なのに半袖で十分なくらい暑かったり最近気候がおかしいことが多いが、こういうのを見るとほっとする。
[PR]

野村義男ギタースタジオ匠

「野村義男ギタースタジオ匠」の収録があった。

c0227168_6314947.jpg
久しぶりによっちゃんと、今日はフェンダー テレマスターという初めて見るギターを弾いていた。
収録合間も熱いギタートーク、あいかわらずギターキッズそのまんまみたいな素敵な人だ。
アシスタントの石原あつ美ちゃんともセッション、楽しい収録だった。

この番組スカーパーでしか見られないがかなりおもしろい人がゲストで出演している、なかなかこんなギタリストメインの番組はない。

放送は1月、詳細はHPにアップするのでぜひチェックしてみて下さい。

「野村義男ギタースタジオ匠」
[PR]

2:05:25

川崎国際多摩川マラソン完走、2:05:25。

c0227168_23584956.jpg
前日が大雨だったので心配したが暑いくらいの快晴。

ハーフだったので楽勝かと思いきや、、、なかなかのしんどさ、18 km過ぎの河川敷から一般道に戻る坂はきつかった。

でもやっぱり自分一人で走るよりみんなで走るのは楽しい、沿道の声援をうけると盛り上がる。
走り終わって一緒に参加した友達とあーだこーだ話すのもいい。
個人競技だが大きな枠で自然にみんながつながっている、そこがいいところかも。

多摩川がキラキラ光って高い雲が気持ち良かった。
[PR]

ギターメンテナンス

ギターの調整やパーツ交換等メンテナンスはいつもZODIACWORKSの播木君にやってもらっている。
長い付き合いなので何かあればすぐに対応してくれるし、我がままなリクエストも面倒な顔ひとつせず聞いてくれるし、何よりも腕が確かだ。

最近ペグ(糸巻き)の調子が良くなかったので交換してもらうことに。
いつも弾いているFenderテレキャスターは68年製だがピックアップからブリッジからパーツはほとんど交換しているのでオリジナルな部分はボディーとネックの木だけだ。
もうヴィンテージとしての価値はほとんどないと思うが、そのおかげで今でも現役バリバリ。

c0227168_21101649.jpg
まずボディーからネックを取り外す。
c0227168_21133268.jpg
ペグをピッタリなサイズに取り付ける為に少し削っては合わせを繰り返し交換完了。
c0227168_21185355.jpg
ボディーにネックを取り付け、弦高など細かい部分を調整して完了。

ペグのゆるみがなくなりガッチリ固定され丁寧にピッタリと取り付けてくれたせいかギターの鳴りが良くなった。
こういう細かいところの積み重ねが音作りには大事だ。
今日もありがとう播木君、バッチリでした。
c0227168_21245657.jpg
このギターの次のライブは11/28青山Cay hanna's Mondy Blues Vol.7。

「ZODIACWORKS」「hanna」
[PR]

昭和40年男12月号

昭和40年男12月号が出た、今回の特集は「憧れモノ大全」。

c0227168_1615827.jpg
初っぱなの中学生時代の憧れアイテム上位ベスト3は全部持っていたな。
3位のフォークギターは「スパースターも夢じゃない」のモーリス、初めて買ったギターだ。
2位の大型ラジカセには必要かどうか分からないような色んな機能が付いていた。
1位の初代ウォークマンは新しいモノ好きだった叔父のお下がりを貰って、これは相当長いあいだ使っていた。
特集は高校〜成人〜社会人と続くがどれこれも「あっ、そうそう!」というモノばかり(自分にとってだが、、、)。

個人的にはあの日を再検証のコーナーの「荒井注脱退、志村けん登場」がツボだった。

サブタイトルが「明日への元気と夢が満載」となっているこの雑誌、前向きなノスタルジックさがいい。

「昭和40年男」
[PR]

下北沢440 2Days

MCC Vol.2 ツアーファイナル 下北沢440 2Days。

c0227168_1362135.jpg
c0227168_0352411.jpg
8/18の千葉ANGAから始まった北は芦別から南は石垣島までのこのツアー全26公演終了。

440初日は黒猫チェルシー渡辺大知君&千賀太郎君の21才コンビをゲストに迎えて。
c0227168_0492682.jpg
2日目はセカイイチ岩崎慧君をゲストに。
c0227168_0512663.jpg
店長行天さん、PA田和さんはじめ440スタッフに感謝。

マジチェンの日々、、、正直に言うと上手くいく夜も、上手くいかないくて反省の夜も。
でも、何もしないと何もおこらないし始まらない。
できるだけシンプルに、やりたいことをやりたいだけやる、、、難しいことは多いが自分のハートに正直な音楽、それが大事。
c0227168_1102260.jpg
440スタッフが作ってくれた損得抜きのスパムライス!
こんなふうな気持ちで音楽をやりたい。

植木枝盛はこう言っていた、
「未来がその胸中に在る者、之を青年と云う」

みんなに心から感謝。
まだまだ続くマジカルチェインの旅、これからもよろしく。
[PR]

チロリン&カオリーニョ藤原&もろもろ

チロリンの新譜「Regulation of the Devil」が出た、1曲目の「definition of the right and wrong」にギターで参加している。

c0227168_23442488.jpg

チロリンとはかれこれ12年の付き合いの同い年、MCC Vol.2の会場限定で発売しているCDにはドラムのプログラミングとベースで3曲参加してくれている。
音楽のスタイルやサウンドは全然違うが音楽に対する取り組み方、面白がり方、腹のくくり方、音楽のルーツはまったく同じ。
カタチじゃなくて大事なのはキモチ、そこを本当によく分かっている素敵な人だ。
9年振りの新譜、気合いが入りまくった音になっている。

カオリーニョ藤原さんの新譜「ボサノバ日本一」を聴いた。
c0227168_1355126.jpg
初めてカオルさんのギターを聴いたのは20年以上前の十三ファンダンゴ、ギターアンプの上に飛び乗りブルースを弾きまくっていたカオルさんは衝撃的で本当に格好良かった。
演歌Bossaという道を切り開いているカオルさんの名曲「人生の花」には何回泣かされて励まされたことか(必聴)。
このアルバム収録の「逆行人生」、カオルさんの腹のくくり方が素敵過ぎてグッときた。

「聖☆おにいさん」7巻を読んだ。
c0227168_1574724.jpg
あいかわらず面白い。
微妙なところを誰でも分かりやすい笑いにしている、その一線の引き方が絶妙。

知り合いの北欧雑貨店CHUFFYで偶然、浜島直子さんと会った。
c0227168_214455.jpg
ナチュラルで素敵な人だった!

いつもキタミカさんが差し入れてくれる大阪南船場の「き多や」のパン。
c0227168_234750.jpg
シンプルだが本当に美味しい。

大阪マラソン前日のウェルカムパーティーで橋下さんと会った、いい感じの人だった。
c0227168_2162965.jpg
大阪市民ではないので選挙については何も言わないが、、、ただ言えるのは橋下さんはすごく空気を動かしているなということ。
空気は風通しよく動いているほうがいい、空気が動かないと澱んで息が出来なくて苦しいし前に進めない。
どんどん空気を動かして深呼吸をたくさんして、そしてそのいい空気を独り占めしないでみんなで共有するのがいい。
中央政界は空気が溜まって澱み過ぎて気持ち悪い、、、吐き気がするぐらいに残念だ。
大阪の空気が動く感じには期待している。

今度の週末はツアーファイナル下北沢440 2Days、楽しみにしていて下さい。


「CHIROLIN」「カオリーニョ藤原」「き多や」「CHUFFY」「浜島直子」
[PR]

大阪南堀江knave 2Days

8月のROLLYさんとの北摂GOLD BLEND以来の大阪南堀江knave 2Days。

c0227168_21232337.jpg
リクオ君の声が不調で心配だったが1、2日目とメニューを入れ替えての全42曲、最後は総立ちで熱く暑く盛り上がってくれてみんなありがとう。

店長上原君、堤野君、PA大西さんはじめスタッフのみんな、手伝ってくれたまるちゃん、かえちゃん、ぴろーんに感謝。

バンドもライブを重ねるごとに、新鮮さは失わずひとつになってきた。
寺さんとこみやんのなんとも言えず優しいグルーヴは気持ちいい。
そういえば移動や楽屋話や打ち上げのグルーヴもひとつになってきた気がする。
c0227168_21234858.jpg
急遽MCC Vol.2追加大阪公演決定!
少し先になると思いますがknaveとメンバーのスケジュール調整中なので楽しみに待っていて下さい。

MCC Vol.2もあと11/11、12下北沢440の2本に。

「寺岡信芳」「コミーBlog」
[PR]

名古屋得三

4月以来の名古屋得三。

c0227168_11433355.jpg

ベース寺岡信芳、ドラム小宮山純平を加えての初めてのバンドスタイルのMCC。
予想以上に熱く盛り上がった!みんなありがとう。
c0227168_1455172.jpg
オーナーの森田さんはじめスタッフにも感謝、打ち上げラストに聴かせてもらったスモーキー・ロビンソンにはしびれました。

初めて使ったが得三のハウスアンプのYAMAHA J-105、いい音で鳴ってくれた。
c0227168_148108.jpg
MCC Vol.2もあと4本、次は大阪2Days。

「MCC Vol.2」
[PR]