「ほっ」と。キャンペーン
ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

近況もろもろ。

47歳になりました。

c0227168_915148.jpg
うれし恥ずかしですがたくさんのメッセージ&プレゼント、ありがとう!
これからも旅を続けマジチェンをテーマにずっと音を鳴らし続けます、よろしくです。

コミヤン&河原真とレコーディング。
c0227168_8265215.jpg
この2人のグルーヴ、いつもながらしなやかで最高に気持ちいい。
内容はウサギターiPadアプリでかなり面白い事をアイフリークのみなさんと企んでいます。
詳細は後日HPにアップ、お楽しみに!

hanna's Monday Blues Vol.10にゲスト参加。
c0227168_83163.jpg
今回は“スリーキング特集”、いつもながらHanna君独特のブルースの解釈が楽しい。
遊び心溢れるさすがのきたろーさん、ロックにビシビシとビートを切り込んでくる白根君、男前なChihanaちゃんとのセッションも最高。
久しぶりにギターを弾きまくって楽しかった。

利尻からたちかまが送られてきた。
c0227168_837132.jpg
たちかまは「鱈」の白子で造られている練り物、流通に乗り難く幻の逸品。
この前の利尻ライブの時に食べてその味と驚きの食感にびっくり!「たちかま親善大使」になってもいいくらいに一目惚れしてしまった。
佐藤さんありがとう、利尻富士を思い出しながらいただきます。
[PR]

ツアーファイナル下北沢440

MAGICAL CHAIN ひとりCARAVAN19本目、ツアー最終日は今年10周年の下北沢440。

c0227168_812164.jpg
ここ最近一番ギターを弾いている440、この日もSold Out満員御礼の大盛り上がり。
東京だけじゃなく各地から集まってくれたみんな、来れなくてUSTで参加してくれたみんな、感謝。
おかげさまでいいツアーの締めになりました!

ゲストのアビさん、竹安、アンコールに出てくれたイナズマ戦隊 山田武郎、ローディー浜、行天はじめいつも気持ちのいい440スタッフ、マサオ君はじめUSTのキャンプサイトスタッフ、タイスケスタッフに感謝。
c0227168_8105515.jpg
アンコールでアビさんと竹安の3人でセッションしたルージュの伝言、まさかのストーンズの「メインストリートのならず者」のようなノリになって楽しかった、まさに「下北沢のならず者」(?!)。
2人ともが早弾きをするようなギタリストじゃないがそれぞれ自分のスタイルとこだわりを持っていてハートの素晴らしい音を鳴らしてくれた。
無理を聞いてとってくれたボーカルも素敵だった、ギタリストだけのライブ、また演りたいな!
c0227168_8232397.jpg
まだ少し先になるがまさかのサプライズHappy Birthdayに感激、たくさんのプレゼントありがとう。
c0227168_826039.jpg
ツアー19本、シンプルに自分ひとりでとやればやる程まわりの人のサポートあってのということを本当に実感。
新しいつながりがたくさん出来た。
どこも熱くて濃くていろんな思いがてんこ盛りで書ききれないので来月のUST「MCTV」で特集をやります、でも時間内に語り尽くせるかなw

もう次のツアーに出たい。
[PR]

近況もろもろ

高浪慶太郎さんのレコーディングでギターを弾いた。

c0227168_6595542.jpg
今は長崎在住の慶太郎さん、ライブで行くたびに見に来てくれるがそこからつながって今回のレコーディングに。
マニュピレーターの松井寿成君とも同年代ということでニューウェーブ話で盛り上がりいいギターが弾けた。
まだ何のレコーディングかは言えないが面白いモノになりそうで楽しみ!

ゆるコミュの収録で「茶道をOLに解放せよ!きみも今日から千利休」と会社の休憩時間に給湯室でお茶会をするサラリーマンとOLが集う給湯流茶道のみなさんに会いに。
c0227168_7202296.jpg
これがきっかけで違う部署の人や上司や違う職種の人ともコミュニケーションが取れるようになったと話しくれた家元(仮)の谷田半休さん。
茶室にはいれば身分の上下は関係ないという千利休から続く茶道の本質を受け継いでいるかも(?!)、大事なのはカタチじゃなくてキモチというのを実践していてキモチのいいゆるコミュだった。
HPがそうとう面白いのでぜひチェックして下さい。

前回のツアーでも好評だった南相馬ファクトリー製作の“つながり∞ふくしま”とのコラボ缶バッジを大阪・下北沢会場限定で今回も。
c0227168_740789.jpg
大阪は完売ありがとう。
今回も素敵な仕上がりに!佐藤さんはじめ南相馬ファクトリーのみなさんに感謝。

いよいよ今日はMAGICAL CHAIN ひとりCARAVAN ファイナル下北沢440。 
ライブの模様はUST「マジカルチェインTV」で生中継しますが諸事情により来月予定の再放送では一部編集が入るのでこのノーカット生放送をお見逃し無く!

「給湯流茶道」「南相馬ファクトリー」「MCTV」
[PR]

奈良 TEN.TEN.CAFE

去年の9月以来の奈良 TEN.TEN.CAFE、せんとくんとも9月以来の2ショット。

c0227168_0522852.jpg
関西シリーズ最終日、アリーナ&スタンドw満員の大盛り上がり!みんなありがとう。

久しぶりのアナムとのセツションも楽しかった!いい声を響かせてくれた。
お母さんのまきこさんはじめスタッフのみんなにも感謝。
c0227168_1534100.jpg
木造りで土壁の町家を改造しているTEN.TEN.CAFE、京都磔磔や長野ネオンホールと同じく音が優しくて気持ちいい。
なかなか無い貴重なライブが演れる箱だ。

翌朝東京に戻る前にぶらっと春日大社〜東大寺へ、遊んでくれた鹿に感謝。
c0227168_191383.jpg
次はいよいよツアーラストの下北沢440。
[PR]

大阪カンテグランデ靭公園

初めてのカンテグランデ靭公園店ライブ。

c0227168_9433598.jpg
カンテは色んな意味での自分の原点、すべてはここでのアルバイトから始まった。

オープンな場所なので外から外国人女子にも手を振られたり、最初から大盛り上がり!
最後はみんな総立ちに、感謝。

ゲストのイナズマ戦隊上中丈弥ともなんやかんやともう長い付き合いになってきた。
あいかわらずの太い歌声とパフォーマンスで盛り上げてくれた、感謝。
c0227168_10124541.jpg
普段はライブを演っている場所じゃないので色んな人の助けがあって実現したカンテライブ。
準備を仕切ってくれてアンコールでセッションを演った大ちゃん、ナカジ、中村店長、カンテスタッフ、いっぺい君、PA亀ちゃん、物販もろもろ手伝ってくれたかえ&のり&たまちゃん&古くからの友達、タイスケスタッフ、、、みんなに感謝。
c0227168_10164885.jpg
オーナー井上さんに「岩ちゃんはカンテと合っていると言うかカンテがしたいと思っている事みたいな事してるみたいです、又、カンテでいろいろしてね。」というメールをもらって涙が出るくらい嬉しかった、感謝。

次はアナムのいる奈良TEN.TEN.CAFEへ。
[PR]

加古川ダイニングカフェセシル

初めての加古川ダイニングカフェセシル。

c0227168_8481465.jpg
ツアーでまわってる各地で「セシルは熱いよ」と聞いていたが、まさに熱い男島田君が新神戸まで迎えに来てくれた。
加古川までの道中、熱いトークとしょうもないジョークの連発!久々に関西の正しい洗礼を受けたかもw

途中寄ったトクオカのうどん、シコシコで美味だった。
c0227168_821481.jpg
ライブはSold Outぎっちり満員御礼ありがとう。
Happy Birthdayのサプライズもあり大盛り上がり、ポローニアの「ブラボー」に対を張る男の熱い声援(ほめ殺し)に感謝。
c0227168_8485394.jpg
黒田君、送り迎えの運転をしてくれたヒロシゲ君、田中さん、PA真田君、スタッフのみんなに感謝。
島田君このまま我が道を突き進んで下さい!
c0227168_8365643.jpg
この日用意してくれたYAMAHA F50-112、いい音を鳴らしてくれた。
c0227168_839854.jpg
車の中で聴いた久々にマシュー・スウィート、「やっぱりこのギターの音!」とワクワクした。

次は大阪カンテへ。
[PR]

近況もろもろ

マジカルチェインTV4月号にイナズマ戦隊のタケオ&トシヤ&ヒロがゲストで遊びに来てくれた。

c0227168_17391885.jpg
今回はそれぞれのルーツミュージックを語ってくれた。
最後のセツションはロックンロールの真っ最中を全員で順番に歌ったが、いつもながら3人とも味わいある歌声を聴かせてくれて楽しかった。
また来てね。

ももへの手紙を観に行った。
c0227168_1745159.jpg
懐かしくて切なくて思わず涙。
いい映画だった、妖怪に会ってみたい。

亀が冬眠から目覚めた。
c0227168_17473248.jpg
東京に住む前の大阪にいる頃からの付き合い、冬を越してごそごそと起きて来た。
もう24年位は生きていると思うが今年も無事元気でなにより。

ゆるコミュの収録で日本パクチー狂会のみなさんに会いにパクチー料理専門店パクチーハウス東京へ。
c0227168_17574334.jpg

パクチーをキーワードにして初対面の人でもコミニュケーションをとれるオープンな空間を作りたいという代表の佐谷さんの言葉は素敵だった。
コワーキングのスペースまで始めてしまった佐谷さん、パクチーと音楽の違いはあれど(全然違うかなw)人と人のつながり(マジチェン)を大事にしようという思いは同じだと思う。
パクチーのお茶「パクティー」美味だった。

新幹線の友はやっぱり崎陽軒のシウマイ弁当。
c0227168_1855337.jpg
最近乗るたびに買って食べているが、いつ食べても美味。

「パクチーハウス東京」
[PR]

釧路ラルゴ

去年行った芦別ディランに釧路から見に来てくれていたのがオーナーの豊川君、その時に一度ぜひ釧路へと約束して別れ今回行くことになった釧路ラルゴ。

朝10:00に札幌のホテルを出発して新千歳空港にむかかったがなんと搭乗時間直前に天候不良のため飛行機が欠航に。
慌てて札幌まで戻りなんとか満員の特急に乗り込んだが本数が少なかったためこの時点で釧路到着が開演時間40分前になる事に、、、さらに雨のため遅れ釧路着が開演15分前に。  

c0227168_1818542.jpg

ラルゴまで急ぎ豊川君との挨拶もそこそこにもう会場に入っているお客さんの前であまり経験した事のない公開サウンドチェック、そのままSEを流してライブ開始。

不安一杯で始まったが一連のトラブルで一体感が逆に生まれライブは大盛り上がり、まさにみんなで作ってひとつになったライブになった!
ニール西方さんが素晴らしいギターアンプを用意セッティングしていてくれたり、帰省していたタイスケスタッフ湊がたまたま手伝いに来ていてくれたりしたのもよかった、お客さんスタッフみんなに感謝。
c0227168_18415746.jpg
それにしても西方さんのFender Vibrolux Reverbはいい音してくれた。
c0227168_18443661.jpg
打ち上げも終わり外に出てみると、霧の町釧路らしく幻想的な素敵な景色が広がっていた。
c0227168_1901850.jpg
朝起きてラルゴの下の豊文堂書店に遊びに行っていてピンクレディーの2人のサイン発見!
もう4年もあるらしいとのこと。
c0227168_18544695.jpg
どうしても欲しくなり買う事に、店長の川島君まけてくれてありがとう。

その後昨日のライブを見に来てくれていたFM釧路の田村さんの番組に急遽出演することに。
c0227168_18495486.jpg
本当にいろんなことがあったゴールデンウィーク北海道ライブ3本、いろんな人に出会ったこのマジチェンは忘れません。

次は加古川へ。
[PR]

札幌くう

もう3回目になる札幌くう。

c0227168_7311426.jpg
利尻でも地元の人が驚くくらいの快晴で自称晴れ男だがくうでライブの日はよく雨が降る、この日も。

前日の利尻とはまた違うじわじわと盛り上がっていくライブ、毎回あったっく迎えてくれるオーナーの山本夫妻の人柄とあっている。
いつも思うが店ごとのオーナーさんや主催してくれている人のカラーは必ずその店の雰囲気とライブに反映される、それが楽しい。
c0227168_8103035.jpg
ライブ後山本夫妻とゆっくりご飯を食べられて、色んな話が聞けて楽しかった。

次は釧路へ。
[PR]

利尻うに丸

稚内を経由して2年振りに利尻へ。

c0227168_822543.jpg
前回劇団四季の「こころの劇場」の公演に便乗して行った時に知り合った役場職員の佐藤さん達との縁から実現した利尻ライブ。

会場のうに丸は普段はスナックとして営業、器材は全部佐藤さん達の持ち込み、町中に貼られていた手作りポスター、、、佐藤さんはもちろん、PA小杉さん、中川君、山下さんはじめ実行委員会のみんなに感謝。
c0227168_8344920.jpg
器材トラブルで音が出なくなって急遽アコギ&生声で歌ったり、荒っぽい声援があったり、本当にいろんなことがあったライブだったが最後はみんな立ち上がっての大盛り上がり、今までで一番大きな手拍子の音だったかも、、、涙が出そうになった。
c0227168_833452.jpg
感謝。

利尻では珍しいらしい快晴で利尻富士を島のいろんなところから堪能、日本とは思えないスケールのデカい景色に圧倒された。
c0227168_819398.jpg
初体験の利尻でしか食べられない鱈の白子で作られた練り物の「たちかま」、驚きの食感で超美味。
佐藤さんと送ってもらう約束をしっかりとしたw
c0227168_8233518.jpg
前日までの天気とはうって変わった大雨の中、フェリーと飛行機を乗り継いでまた稚内経由で札幌へ。
[PR]